2016年 05月 23日 ( 1 )

バッパー時代

海外で生活していたとき。

安宿を拠点に働きに行っていて、
そこには、いろいろな国の人たちがいて
ごはんどきには、いろいろな香りが混じり合っていて
いろいろな味を摘まみ食いさせてもらったり
それぞれの母国語ではない英語でコミュニケーションを取ったり
それぞれの母国語を教えあったり
と~っても愉しかったのだけど


いま、わたしが住んでいるアパートが何やら多国籍になってきていて
いろいろな香りが漂うようになってきたのだけど
インドネシア人やベトナム人と立ち話をするようになり
今度、日本語を教える代わりにゴハンを作ってもらうことになり
なんだかバッパー時代を思い出して
『ああ。ああ、この感じ』とわくわくしています。
[PR]
by hirune-ya | 2016-05-23 23:16 | Comments(0)