すり鉢の会

「定番の台所道具とおばんざい」講座
テーマ道具は『すり鉢』。

一年前に、手頃なサイズのすり鉢を手に入れてから
毎日のように使っている、すり鉢。
この講座の企画を聞いたときから、伝えたいと思っていたこと。
器としての活用、自分に合った適当なサイズを選ぶことで日常的に
活用することができることを伝えさせてもらいました。
(事実、大きなすり鉢は持っていたけれど、ずっと使わないままだった私)

そして長い年月をかけて擦り減っていくすりこ木。
佐藤初女さんは5本のすりこ木を持ってお嫁入り。
うち3本は「ちびて」使い切ったそうですが
すりこ木がちびるまで大切に使い続ける氣持ち。
伝えていきたいことのひとつです。


講師陣による、すり鉢を使っての料理デモンストレーション。
すり鉢の可能性が広がる!
そしてハードルが下がる!

すり鉢生活、ますます愉しくなりそうです。
[PR]
by hirune-ya | 2016-05-16 08:22 | Comments(0)
<< ひるねや的生き方・覚書 摘み草教室 >>