41

今から15年前。
ニュージーランドで過ごした一年間。

今の私を作った、と言っても過言ではない時間。

常に自分がどうしたいか自分の肚の声を聞いて、誰かと比べなくていいってことを知って、合わないもんは合わないって切り捨てられるようになって、自分が感じるままに動いてたら無条件にしあわせ感じられるって気付いて、自分に優しくできるようになって、心も体も動けない自分も認められるようになって、なるようになっているってことがわかった時間。

友人がFacebookでUPしてくれた一枚の写真。そんなリアルな時間があったことを思い出させてくれた。

ありがたい。



かれこれ41年の歳月を生きてきました。生きて元気に41歳を迎えることができました。


最近出会った方々からは、三人くらいの子育てを終えた自由気ままなお母ちゃんと思われてますが、旅をしたり、仕事をしたり、ぼんやりしたり、悟ったり、焦ったり、その時どきの選択をして、独り身の41歳。

周りからは自由に生きてると思われていて、よく『いいねー』って言われる。

けど。
比較的好き放題してるけど『やりたいことやってるから、やりたくないこともやるか〜』って仕方なくやってることもある。

だから。
周りから見たら自由な私が前面に居るんだろうけど、私の中では『それだけじゃねーよ』と毒づいてたりする。

でも。
思い出した。

そう。
私知ってたんだった。
わかってたんだった。



感じるままに
生きていいってこと。
好きなように
生きていいってこと。



日常の中だと、肚の声を聞かなくても過ごせちゃうから、ついつい気付かないふりをしていたけど、その積み重ねが違和感を生むんだってこと。



わははー。
[PR]
by hirune-ya | 2015-01-19 11:45 | ひび | Comments(0)
<< 自分で決められる ヤーコン♪ >>