<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

なにを飲もう



c0092759_01072260.jpg



珈琲とか、紅茶とか、ココアとか、

選べる喜びがあるのは嬉しいのだけど、

消費するスピードを考えると限界があって、

どうしても置き去りにしてしまうモノモノに対する罪悪感というものが、ある。

やっつけで消費するのも、清々しくない。

私の場合は、おうちのなかでは

少ない種類でいい。その方が心地いい。

なにか違ったものを味わいたいときは、

「そうだ、あの店に行こう」と思える処もあるし。

「こころがしんどい」結び目を、

ちょっとずつ、ちょっとずつ、ほどいていく。

「心地よく在る」を

ひとつずつ、ひとつずつ、選んでいく。

毎日、そんなことの積み重ね。


[PR]
by hirune-ya | 2017-10-28 21:29 | Comments(0)

かよさんB.D.

c0092759_01063108.jpg

socca+cafeさんで。
かよさんのたんじょうび。
かよさんが4代目茶房店主になっての、空間。

おいしいものをつくるのが好きな かよさんが
昼間はおやつを
夜はトルコ料理を
歌うたいでもある かよさんのライブもあって
ソッカフェさんのテーマソングなんかもあって
ソッカフェ店主が感動してるのを みんなが生暖かく見守ってて
かよさんは、これまでの自分を禊るとか言ってて
なんだか 穏やかで清々しくて 
いい仲間がいて幸せだな、と改めて思う夜だった。

残ったトルコ料理を貰ってきての朝ごはん。
これもまた、しあわせ。

[PR]
by hirune-ya | 2017-10-23 01:45 | Comments(0)

長野旅

下山して、翌週。
山小屋シゴトの慰安旅行で、長野に連れて行ってもらった。
小布施~伊那~安曇野の旅。


小布施では、ひとり別行動して、
行きたかった「こつこつ 豆と器」さんへ。
深煎りの美味しい珈琲を飲み、すてきな雑誌と出会い、
6寸皿を一枚連れて帰る。

お皿は日々使い、雑誌は定期購読を申し込んだ。
旅が日常を彩る。



朱雀モンブラン、美味しかった!
c0092759_01065764.jpg

[PR]
by hirune-ya | 2017-10-23 01:44 | Comments(0)

菊のご紋の、

c0092759_01060655.jpg

9月末、一時下山して
皇居へと「清掃奉仕」に行ってきた。

天皇・皇后両陛下、皇太子殿下のご会釈の時間がそれぞれあったのだけど、
皇族の方々が出す清々しい氣、穢れのない純粋な空気感が
体感できて、本当に佳かった。

愛しか、ない。
そう為りたい。
そう在りたい。

[PR]
by hirune-ya | 2017-10-23 01:13 | Comments(0)

高度差ボケ

山から下りてきて約二十日。
長野に慰安旅行連れていってもらったり、
休職扱いになっていた仕事(週二回)を再開したり、などなど
少しずつ動いていたのだけど、
それ以外の時間は、ほぼ部屋の中で、それも布団の中で過ごしていた。...
この二十日間で5回くらい図書館へ行き、その度に10冊の本を借り、
布団の中で読みふける日々。
あらためて、自分は本が好きだということをおもう。


最初は高度差ボケで動きたくないだけかと思っていたけれど、
どうやら情報が多過ぎて、
たとえば、物音だったり匂いだったり、
言葉だったり、文字だったり(文字がある前提の本は別にして)、
人のこころの動きだったり、
それらが容赦なくわたしの周りに貼りついて、
ぎゅうぎゅうにペタペタ貼りついて、
わたしの、自分のこころの動きを察するところまで辿り着けなくて
しんどかったのだ、とようやく気付いた。


たとえば、適量の食事をしていたら
たべものが身体に心にどう変化をもたらすか、わかる。
ぎゅうぎゅうに、選ぶことなく食べていたら、感じることができない。
きっと、それとおなじ。


そうそう、スキマだった。
スキマをツクルんだった。

[PR]
by hirune-ya | 2017-10-22 01:01 | Comments(0)

山から下りてきました。


c0092759_10110226.jpg

8月頭からの山での暮らしを終えて、下りてきました。

山を下りてきて、まだ誰とも会ってないせいか、
自分の感覚というか、輪郭がわからないでいる。
私って、どんな人だっけ?みたいな(笑)

人って、他人がいることで自分がわかるんだよなー、と
改めて思う。

会いたい、行きたい、食べたいセンサーを発動させようっと。

[PR]
by hirune-ya | 2017-10-04 10:13 | Comments(0)