<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

チーズを切る

いつ、誰に教えてもらったか。

チーズをカットするときには、糸を使えばいいってこと。

c0092759_21225365.jpg


教えてもらったときには『ほぉ』と思っていたことが、

いつの間にか、それがアタリマエになっていて。


そんな風に、いろんなことが
身に付いてきているんだろうな。
いいことも、そうでないことも。
[PR]
by hirune-ya | 2012-12-25 21:21 | Comments(0)

今年の。

今年のシュトーレンは
c0092759_21491670.jpg


栗の渋皮煮入りシュトーレン♪
おいしく出来ているといいなー。
(相変わらずクリスマスに間に合わず、、)
[PR]
by hirune-ya | 2012-12-23 21:48 | Comments(2)

I will vote

私:「明日は選挙に行ってくるよー」

甥っ子(小6):『俺が選挙に行けるがだったら、地球のこと考えてくれる人に入れるわー』


そうなんだよね。
そこなんだよ、単純に。

いつも彼の言葉には救われる。

ありがとう。
[PR]
by hirune-ya | 2012-12-15 22:29 | Comments(0)

雪の積もった休日には

雪の週末は、仕事をがんばったので。

休日の今日は、なんにもしないぞー!と、決めてたんだ♪

朝はゴロゴロ布団の中で微睡んで。
時折聞こえる、屋根雪の落ちる音を布団にくるまって聞く。

そろそろと起き出して、
そーっと窓を開けると
こんもりと雪が。
その向こうには青空。
c0092759_113199.jpg

深呼吸が気持ちいい。

珈琲淹れて、
たっぷりとマグカップに注いだら、
本棚からお気に入りの雑誌を引っ張り出して、
のんびり読むんだ。

c0092759_11362124.jpg

[PR]
by hirune-ya | 2012-12-10 11:22 | Comments(0)

東北便り

この記事をアップしようとした直前、再び東北地方で震度5の地震が発生しました。どうか、どうか、もう誰も哀しい思いをしませんように。



寒くなる前に、雪が降る前に、年内にもう一度東北に行きたいと思っていたのですが、なかなか時間がとれずにいます。


なので。
私の大好きな富山のオイシイモノに手紙を添えて東北の家族に送り、久しぶりに電話して声を聞いて話をしました。


●役所など新しい建物が建ち始めていること。
●一方、何も手付かずの場所もあること。
●新しく土地を買うのは高くて手がでない。元々住んでいた集落の高台なら少し補助が出て少し安く購入できる。元々住んでいた場所は危険なので、もう住めない。ただ、引っ越すと言っても、何年後になるのか、わからない。(仮設のみんなと仲良くなったから、離れるのは寂しいねー)
●この先の仕事や収入、住むところ、どうなっていくのやら。国も政治家も当てにはしてない。
●私たちのことを忘れずにいてくれて嬉しい。
などなど。

私からの連絡に、泣きながら喜んでくれた家族もいて。「あいあいちゃん、お金ないのに~。ありが
とう」って私の心配してくれる家族もいて。相変わらず優しさに溢れている家族たちでした。



そして、今も東北で支援活動を続けている仲間がいます。そこに根をおろし、メンタルケアや仕事の創出のお手伝いをしています。

一年と九ヶ月という時間が流れようとしていますが、まだ。まだまだ、です。気忙しい日常のなか、ちょっとで良いので東北のことを思ってもらえたら嬉しいです。



そして。
富山では、震災瓦礫の試験焼却の日程が決まりました。ちなみに新潟市は直前で試験焼却が中止になりました。輪島では延期に。もしかしたら、思っている以上にリスクが大きいのかも、と感じています。「被災地の人のことを思ったら受け入れるべき」といったことを言われますが、たかだか『私たちの感情』ぐらいでどうこうできる問題ではないのだと思います。何十年何百年何千年先までの大地に影響があることを、今、ここに生きる私たちの感情だけで、どうこうするのは違うんじゃないのかな、と痛切に思っています。それに、あそこから瓦礫が無くなって何が解決するの?と個人的には思っています。



未来を生きる子どもたちが、
笑って過ごせる世界でありますように。
[PR]
by hirune-ya | 2012-12-07 22:53 | Comments(2)