<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

旅支度

  気が付けば、8月も終わり。

  気が付けば、年末年始の航空券は既に 『×』 だらけ。




                           とりあえず、往復航空券はゲット。
                                      中身を考えてゆかねば。
                                      楽しい旅支度が始まる♪
               
[PR]
by hirune-ya | 2008-08-31 21:22 | Comments(2)

モロヘイヤふりかけ

気付いたら、うちにモロヘイヤがあった(多分、友人が置いていってくれたんだろうな)。

クレオパトラが食べてたっていう、モロヘイヤ。栄養価もめっちゃ高けりゃ、売値も高い。
一度に大量消費はできないし・・・と考えた結果。
ふりかけを作ってみた。
          モロヘイヤを葉だけ摘んで、レンジで3~4分。
          しっかり乾燥させて、すり鉢で擂って粉末状に。
          そこに胡麻も加え、更に擂る。
          栄養価を考えて、煮干も加えて、更に更に擂る。
          おいし~い塩を加えて出来上がり☆
c0092759_2181467.jpg



           ごはんがすすむ~♪♪
[PR]
by hirune-ya | 2008-08-30 23:06 | ひび | Comments(2)

花盗人

近所の空き地で花を摘んできた。
  「ごめんね」 のキモチと 
  「うちでみんなの心を和ませてね」 のキモチと。
ちょっぴりの罪悪感を抱えながら、花を飾る。

c0092759_2275328.jpg
 

翌日、空き地の近くを通りかかると
草は刈られ、地面は均されていた。

私が摘んできた花と一緒に咲いていた花は
すでに見る影もなかった。

うちでは変わらずに花は咲いている。

                      ナンダロウ、コレハ。  
                      全てのデキゴトは神様からのメッセージ。
                      なにを伝えてくれているんだろう。  

[PR]
by hirune-ya | 2008-08-24 22:49 | ひび | Comments(2)

ぷかぷか、ゆらゆら、うとうと、、、

  夏ばてバテ。

  おとといの夜に帰宅した途端、記憶が途切れてる。
  ぷかぷかと布団の上で泳いで  
  ゆらゆら揺らいで
  うとうと目が覚めそうで覚めない。

  仕事に行ったら、帰された。

  そんなに不調な訳じゃないのだけど、
  ふらりふらり、しているらしい。

  じぶんのなかでは、結構げんきなので
  部屋の大掃除と模様替えなんてしてみた。

  久しぶりに手紙なんて書いてみた。
  手紙、好きだったのに、ずうっと書いてなかったことに気付いた。
  あぁ、やっぱり私は手紙が好きだぁ。

  わたし時間が戻ってくる。
  やっとやっとこ、私時間だ。
  散歩にゆこうっと。  
[PR]
by hirune-ya | 2008-08-22 16:25 | ひび | Comments(0)

久しぶりにパンを焼く

  この一週間、なんだかんだとずうっと呑みっぱなし。〆は中学の同窓会。
やっぱり、、、というか、同級生の顔はほとんど憶えていなかったワタシ。女の子は
なんとな~くわかっても、男子は皆無と言ってもいいくらい。。。先生と並んでお酒を
酌み交わし話をしていると、卒業してからの時間の長さを感じさせられる。

 一次会を終えて、幹事の子達とまったり話す。そこで知った事実が・・・
 『同窓会は、元々aiai が言った一言から始まったんだよ!』 と友人。
   ???
 ワタシ、なにを言ったか覚えてないが、成人式のときに先生たちが来ていなくて
 「先生たちにも会いたいから同窓会でも~」 というようなことを言ったらしい。
 で、心優しく真面目で行動的な友人達が企画をしてくれ、4年に一度というペースで
 同窓会を開催してくれていたのだ。そんなこと記憶の片隅にも無い私は、
 今回が初めての同窓会参加。次回からは、もっともっと手伝います。


一週間呑みっぱなしの身体は、やっぱり気だるさ最高潮。一日、ゆっくり家で過ごす。
以前、貰った『黒糖くるみ』で 久しぶりのパン作り。

c0092759_20581533.jpgc0092759_20583136.jpg











夕べの顔ぶれを思い出したりしながら、のんびり発酵を待つ。
[PR]
by hirune-ya | 2008-08-17 21:17 | Comments(0)

じーちゃんとばーちゃんの茶棚

   8月15日。世間的には終戦記念日。
私にとってもそうなのだけど、それよりも 「ばーちゃんの命日」って方がデカイ。
さびしんぼうのばーちゃんは、選んだかのようにお盆の真っ最中の15日に逝った。
きっと、みんなが集まってくれると思って、この日を選んだんだろうなぁ。

  今から20年以上前に梗塞で倒れ、『もって3日』と言われ、
  それから8年生きたばーちゃん。
  ばーちゃんの葬式の準備をしていたじーちゃんの方が先に逝ってしまったさ。
  じーちゃんはカッコ良くって、幼いころはじーちゃんみたいな人が
  理想のタイプだったのだけど、ばーちゃんは豪快なオンナだったので、
  こんなオンナがライバルなのはキツイと思ったなぁ。
  脳梗塞の影響で、やや呆けてたばーちゃんは
  『じーちゃんとは駆け落ちして一緒になった』 と聞かせてくれた。
  『ばーちゃんもじーちゃんも家族がいたけど、好きになってしまったが』 だと。
  『前のダンナは真面目すぎて面白くなかったけど、じーちゃんは遊び過ぎで困る』 だと。
  やっぱり、ばーちゃんがライバルなのはキツイかったやろなー。

13日に、母と墓参りに行った。墓掃除をしつつ、何気にお骨の納められている部分の扉を
開くと、、、じーちゃんとばーちゃんのお骨。ふたりのお骨の間には、私の父のお骨が。
まぁ、死んだ順ならそれで順当なんだけれど、じーちゃんとばーちゃんの間に誰かが
いるのって、ふたりを邪魔してるみたいでアカン気がする。
今日、お寺さんが自宅に参りに来てくれるから、お骨を並び替えて良いもんか聞いて
みようっと。

  最近、自宅から運び込んだじーちゃんとばーちゃんが使っていた茶棚。
c0092759_132432.jpgc0092759_133799.jpg




c0092759_1332344.jpg



  すごぉく丁寧に使われていて、さらにそれを母が磨きあげてくれた。
  金具の細工がたまらなく好き。全体の雰囲気も好き。
  大切な家族が使っていたものを、こうやって受け継いで使っていけるって嬉しい。
  私も大切にしようっと。
 
     ご先祖様たち、いつもありがとう。
     みなさんのお蔭様で、私は大丈夫です。
     ありがとう、ありがとう、ありがとう。感謝感謝。




  
[PR]
by hirune-ya | 2008-08-15 13:15 | Comments(0)

VIVELA! SALSA TOUR’08

  金沢エイトホールで行われたla-33のライブ。VIVELA!SALSA TOUR’08

  ちょうど一年くらい前に富山であったサルサパーティーへ行った以来のサルサ。
すっかりステップなんて忘れてしまっていたけれど、スペイン語も全く忘れてていたけれど、
会場のあちらこちらで曲に合わせサルサが踊りだされる独特の空間に、どっぷりと身を委ね
楽しんできました。

la-33についての知識もなく行ったライブだったけど、音楽も良かったし、ツアーコンセプトを
見て、ますますイイぞ☆行ってよかったなぁ、と思った次第です。
 “サルサ” とは、スペイン語で『ソース / ドレッシング』を意味します。ご存知の通り、ソース、ドレッシングは様々な調味料がミックスされて出来たものであり、その調味料、スパイス次第でいろいろな味に仕上がります。カリブ海沿岸の様々なリズムがミックスされ新たな音楽ジャンルとして誕生したSALSAも、この言葉本来が持つ語源からその名がつけられました。
特定非営利活動法人ティエンポ・イベロアメリカーノが2002 年から毎年8 月に企画・実施している『ビベラ!サルサ・ツアー』は、音楽やダンスのジャンルとしての“サルサ” に焦点をあてたサルサイベントではなく、“サルサ” という言葉が持つ本来の意味をコンセプトにしています。「それぞれの文化、特徴(=味)を持った人々が、それぞれの違い(= 異文化)に触れ、お互いを理解し合い、ひとつになった時、新しい何か(アイデンティティ)が生まれるのではないか・・・」デジタル化が急速に進む今、あえて人と人とが体温の伝わる距離での交流にこだわるティエンポ・イベロアメリカーノは、音楽ジャンルとしての“サルサ”、それも世界トップレベルのアーティストが奏でる音楽を通して、人種・性別・年齢・国籍という壁を越えた文化交流を全国に提案しています。


ライブの後はSalsa-mamaでのパーティー。パーティーにはla-33のメンバーもやってきて、
スペイン語をすっかり忘れてしまっていた自分を悔やむ私でした。また、勉強しようっと。
[PR]
by hirune-ya | 2008-08-14 23:59 | ひび | Comments(0)

世界遺産展へ

  今日は友人と富山大和で開催中の、「ベスト・オブ・世界遺産」展へ。

  エジプトから始まって、中国、イタリア、日本、海の中等など、、の写真と映像。
  盛り沢山!とは云えないまでも、写真の映し出す色の美しさ、絶妙なタイミングで
  撮られている映像には満足・満喫。


  昨日は、「八尾スローアートショー2008」へ。
  わたしのすきな、ここちよい風が吹いているところ。





        とおくにも、ちかくにも
        わたしにとっての、すてきな場所が世界中にある。

         ちきゅうを歩くチカラがあるうちに、
         ちきゅうを感じるココロがあるうちに
         いっぱい、いーっぱい 吸い込んでやるっ!
  
[PR]
by hirune-ya | 2008-08-11 22:04 | Comments(0)

おいしい珈琲の真実

  先日、映画おいしい珈琲の真実を観た。
観たいと思っていた映画だったので、富山でも上映すると聞いてCHECK!
知人の珈琲店店主による珈琲のミニ知識の講義&フェアトレードのワークショップの
ある日を選び、映画館へ向かう。
c0092759_2038354.jpg


  石油に次ぐ取引規模を誇る国際商品、珈琲。
  一杯の珈琲に支払われる代金のうち、農民に支払われる賃金はわずか1~3%。
  小売業者・輸入業者による不公正な貿易が原因。

  農民たちは教育を受けることも、食べることもままならず、貧困にあえいでいる。
  エチオピアでは毎年700万人が緊急食糧援助を受けており、
  緊急支援に依存せざるを得ない状況にある。しかし、アフリカの輸出シェアが
  1パーセント増えれば年700億ドルを創出できる。この金額はアフリカ全体が
  現在受け取っている援助額の5倍に相当する。必要なのは援助ではなく、
  自立を支援するためのプログラムなのだ。

  映画の中で、『親がモノを恵んでもらう姿を子供に見せて良いのか?』 という
  科白が印象的だった。
  
  いま、わたしにデキルコトはなんだろう。
[PR]
by hirune-ya | 2008-08-06 20:54 | ひび | Comments(2)

茄子のオイル漬け

  ナツヤサイを日々、たっくさんいただく。ありがたい。
ありがたいのだけれど、そろそろ消費するにも限界がきていたとき。

いつものようにネットをうろうろ。そして見つけたのが
『ばーさんがじーさんに作る食卓』の茄子のオイル漬け♪幸いウチにはバジルも
育っているし。私、お酢好きだし。なんといっても、茄子を大量に使うことができる。

①まずは、ひたすら茄子を1~2センチの輪切りにする。
②塩をふりながら容器に並べて重石をする。
③一晩おいて、漬けあがったら軽く水を切る。

c0092759_119765.jpg
④鍋に水とワインビネガー同量入れて、3分
 ほど茹でる。
⑤ざるにタオルを敷いて、茹でた茄子を並べ
 一日干す。
⑥保存びんに茄子+にんにくスライス+刻み
赤唐辛子そしてバジルを交互に詰めていく。

ぎゅうぎゅうに詰めたら、
オリーブオイルを注いでおしまい。
c0092759_11122043.jpg

ワインビネガーの香りに、ついつい
つまみ食い。旨~い☆★☆一ヶ月
くらいしてが食べごろらしいのだけれど
きっと、一ヵ月後には無くなってるな~。
[PR]
by hirune-ya | 2008-08-04 11:16 | ひび | Comments(3)