<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

一年の終わりの日に。

  『考える』 ことが嫌いじゃないワタシ。時には、徹底的に考えごとを
するための日を手帳に予定として書き込むこともある。

  一年の終わりの日に、今年のことを思い出す。
自分宛ての年賀状には
            『ホントウは毎日が旅の途中。全部を大切に
            ごまかさず、自分の感覚を信じて貫いていこう』
って書いてあった。どうだっただろう?
これを書きながら(打ちながら)、いま、考え込むワタシ。
全部を大切に、って。。。今年、何があったかさえ思い出せずにいる(苦笑)。

ただ、確かなことは、
今年もすてきな出会いがたくさんあって、
すてきなたくさんの仲間達に囲まれていて
アリガトウがいっぱいだった、ってこと。

今年を思い出すより、すでに来年を思う自分がいる。
  
     きっと、来年もすてきな一年になる!
     もっともっと輪が広がって、
     自分の芯となることがわかって、
     笑顔とありがとうがいっぱいの一年になる!
  
今年もたくさんの感謝♪
ワタシにとって、誰かにとって大切な世界中のみんなが
今日も、来年一年も、そしてこれからずっと、
しあわせな気持ちでいられますように☆
[PR]
by hirune-ya | 2007-12-31 17:21 | Comments(2)

年越し引越し

  年越しの世の中慌ただしい中、只今ワタクシ引越し中。

  いま住んでるアパートの更新時期が迫る度に 
『キッチンのシンクが狭い割には蛇口が長い』 という唯一許せない部分と
居心地の良さ、場所の良さ、ネーミングの良さetc・・・を比べて、
6年間住み続けてきた。で、またまた更新の時期がやってきて、悩むこと数ヶ月。
やっぱり住み続けようと決意した次の週、以前から呑み仲間だった
不動産やさんと呑み会で同席。トントントンっと新しい住処が決まった。

  引越しには、たくさんのトモダチに手伝ってもらって、家主が呆けてる間に
みんながテキパキ荷造りをして、運び出して、荷解きして。
「ひとりとは思えないくらい荷物多過ぎ~!!」 と言われながらも一日で完了!

  ええ、ええ。たくさんの食器は、みんなと宴会するためだよ。
  ええ、ええ。たくさんのアルバムは、みんなとの思い出だよ。
  ええ、ええ。たくさんの荷物は、無駄なものもいっぱいさぁ。

たくさんの、すてきなトモダチに感謝。

  『ひるねや』 に向けて、よーいどん!です。
c0092759_18215573.jpg

[PR]
by hirune-ya | 2007-12-30 18:22 | ひび | Comments(5)

ちょっぴりクリスマス気分を

c0092759_10221064.jpg


  花屋さんで一番に目に付いた、ちょっぴり落ち着いたあかいろの花。
聞くと 『クリスマス ほにゃらら』 というすてきな名前(忘れたけど・・)。
同色のカーネーションを合わせて。

  先日富山ガラス工房で作った、クリスマス用のオーナメントを飾る。
中央にみどりいろを配色して、まわりを透明のガラス。細かい気泡をいれる。
てっぺんには、きらきら金粉いりの球。
c0092759_1039876.jpg
  そして、シュトーレン。

  ちょっとずつが集まって
  ちょっぴりクリスマス気分。
  
[PR]
by hirune-ya | 2007-12-24 10:41 | ひび | Comments(0)

世界の朝

  朝のリレーという、谷川俊太郎さんの詩が大好きだ。

カムチャッカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝返りをうつとき
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウィンクする
この地球では
いつもどこかで朝が始まっている

  ぼくらは朝をリレーするのだ
  経度から経度へと
  そうしていれば交代で地球を守る
  眠る前のひととき耳を澄ますと
  どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴っている
  それはあなたの送った朝を
  誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ



この詩を読む度に、地球で生きていることの愛おしさを感じる。
c0092759_12484499.jpg
世界の朝を届けてくれるページ。
朝時間.jp
WORLD MORNING FHOTO CLIP
[PR]
by hirune-ya | 2007-12-21 21:25 | Comments(2)

自分のオーラの色がわかる??

    【 オラオーラ 】
  

  注意書きに 『※あくまでお遊びです。自分の満足いく結果にならないと
  機嫌が悪くなっちゃうような人や、細かく分析せずにはいられない人は、
  やらないでください。』  って書いてあるのが笑えるやん。
[PR]
by hirune-ya | 2007-12-20 16:34 | ひび | Comments(2)

まさかアタッタ?

  それは火曜の仕事帰り。
なんだか、ゾクゾクっとして 『もしや、風邪のひきはじめ?』 と思い、
立ち寄ろうと思っていた雑貨屋さんに行くのをやめて薬局へ。
風邪のひきはじめには葛根湯でしょう!と葛根湯を購入。
水分も必要になるかも・・・とアクエリアスの粉末も購入して、
風邪対策万全で家に帰る。新陳代謝も良くしなくっちゃだわ!
とキムチ入りのうどんを食べる。・・・・その直後である。
なんだかムカムカして、トイレへ直行。途端に上から下から出るわ出るわ。

  う~んっ、う~っん、うぇぇぇぇ~

  ドウシタコッチャイナ?
  思いつくのは、、、そう、アレ。二日前にたらふく喰った、アレ。
  もしかして、牡蠣にアタッタ?ワタシ?
  
 翌日は仕事を休んで病院へ。点滴受けて、胃腸炎の内服を貰って帰る。
 まぁ、原因は特定出来てないのだけど、アタッタのかなぁ?
 
アタッタついでに、早速宝くじ売り場に直行しました☆きっと、アタルぞぉ~☆


  
[PR]
by hirune-ya | 2007-12-20 14:28 | Comments(2)

タウリン100%

  年に一度(以上)の牡蠣ツアー。
いつもは石川県・穴水まで出掛けるのだけど、今回はちょっと近場で石川県・中島町へ。
富山市からはだいたい2時間で行ける。
  『行こう!』 と決めて友人たちに 「一緒にどう?」 と連絡するも、結構牡蠣嫌いだらけ。
それでもワタシ含めて5人で、いざ!牡蠣!!  マッテロ!!!
  夜勤明けの友人ふたりを含め、テンション高めの旅。 途中、どんな順番で食べるかを
シュミレーションする。メニューは焼き牡蠣、牡蠣酢の物、牡蠣佃煮、牡蠣フライ、牡蠣釜飯
牡蠣味噌汁、デザートの計7品。

  炭火が熾される炉端に座り、紙のエプロンをつけ左手には軍手。右手にはトング。
戦闘態勢は整った。いざ!牡蠣!! クッタル!!!
牡蠣を炭火の上に置く。みんな無言で牡蠣を見つめる。車中での賑やかさが嘘のよう。
じーっと、見つめていると
 パーンっ   と殻がはじける。
  うおっ と殻をかわしながら、蓋の部分が開くのを真剣に待つ。
炭火の前で熱くなりながら、熱々の牡蠣をほおばる。ウマイっす。旨すぎます。
食べる気満々だったため、誰もカメラを持っておらず写真は全くなく・・・。
佃煮も美味しい☆牡蠣フライは穴水で食べた方が大きくっておいしかった気がするけれど
充分にジューシー。釜飯は他のグループの皆さんが持ち帰ってる中、私たちは完食。
味噌汁の具も牡蠣!なんて贅沢。デザートのアイスクリームまで残さずいただきました。
丈夫な胃袋に感謝・感謝☆
 
  しばし休憩後、お風呂に入ったのだけど、どうもそのお風呂も牡蠣臭い気がして
ならないワタシ達でした。。。今も牡蠣臭いワタシです。
[PR]
by hirune-ya | 2007-12-16 19:38 | Comments(2)

くらりくらり

  ある日出会った、ひとつのページ。 『カフェヅクリ』 ってあった。

ワタシのまだ、行ったことのない土地・和歌山で。
彼女が生まれ育った山の中でいつかcafeを開くことを夢見て、
約8ヶ月かけて倉庫を改装。2007年11月25日にOPEN。
そんな彼女=くらりさんのページ。

  ワタシが 『カフェヅクリ』に出会った頃は、まだ倉庫が倉庫だった。それが、
少しずつ少しずつ、彼女と彼女の家族・友人たちの手によってカフェに創り上げ
られてゆく。店がオープンしたと知ったときは、ホントウに嬉しかった。
グアテマラで出会ったマイクを思い出した。ふたりとも、夢を追いかけて、
少しずつ少しずつ、時間を掛けて。たくさんの人たちに囲まれて前に進んでいる。
本人たちは気付いてないかもしれないけれど、その夢は実はすでに
支えているみんなの夢になっている。みんなの夢のカタチ、あるいはきっかけ。


  ワタシもがんばろう、そう思わせてくれるくらりさんのページ。

KURARI
[PR]
by hirune-ya | 2007-12-14 20:42 | Comments(2)

今年もシュトーレンの季節がやってきた

c0092759_19272280.jpg
  先月末くらいに、ドライフィグ・レーズン、
クランベリーをラム酒に漬けこんだ。そう、
今年もシュトーレンの季節がやってきた。
この間、たまたま観たTV番組で、ドイツの
アドヴェント(キリスト教において、イエス・
キリストが降誕するのを待ち望む期間)の
ことをやっていて、クリスマスを待つ4週間の
期間であるアドヴェントの週末を、ツリーを
飾り、シュトーレンを食べてイエス・キリストの
生誕の日が近付くお祝いする人々の姿が映し出されていた。親から子へ、代々引き継がれて
いく、シュトーレン作り。ワタシはキリスト教と云う訳では決してナイのだけど、こうやって
記念日に向けて、ひとつずつ準備を楽しむ日々や、親から子へと伝えられていく『カタチ』って
すごくいいなぁ、と思う。
  シュトーレンはふたつ焼いて、ひとつはトモダチに。ひとつはおうち用に。
c0092759_19554953.jpg

  これから更に時間を経て、おいしくおいしくなっていくシュトーレン。
イエス・キリストさんを含め、ワタシ(皆)の大切な人たちが生まれてきたことに感謝して
シュトーレンをいただきま~す☆
[PR]
by hirune-ya | 2007-12-09 20:05 | Comments(2)

こたえ

  答えはいつも自分の中にある。

  ふと、思い立って自分のブログを見返していたら
  いまのワタシへのメッセージみたいなことを書いてた(笑)。ココ
  

  どうして自分のことだと深みにはまっちゃうんだろう?

  シンプルに自分の声を聞けば、どうしたいかはわかるはず。
  大丈夫。どんな風でも、マチガイじゃない。
  それを受け入れる自分でいられるなら。
c0092759_22374295.jpg
  

  
[PR]
by hirune-ya | 2007-12-04 22:21 | Comments(2)