<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

『やわやわ』

  『やわやわ』・・・わたしが大好きな富山弁のひとつ。
「ゆっくり」とか「そろそろ」、といったニュアンスがあるかな。
使い方としては、「やわやわ行かれ」だとか「やわやわやらんまい」等々。
  『やわやわ』~ゆっくりゆっくり落ち着いて~
まるでオマジナイのように口のなかで 『やわやわ、やわやわ』 と呟く。
そうすると、なんだか不思議と落ち着ける。
う~ん、富山弁。やっぱいーわ。

  ☆LOVE富山弁☆ つづく
[PR]
by hirune-ya | 2006-10-31 20:33 | Comments(3)

タイヨウぱわー充電

 今日は休日、『休む日』。本職の定休日が日曜と月曜。最近、期間限定で
日曜日にインド料理屋でのバイトを復帰したので休みは月曜だけに。
そんなワケで今日は『休む日』。
 目覚ましも携帯もOFFにして、目が覚めるまで寝る。それだけで幸せ。
天気が良かったから布団を干してから、パン作り。前にパン教室で習った
私が唯一焼けるパン・ベーグルを焼く。焼きたてベーグルと水筒に入れた
珈琲と本だけを持って、自転車に乗って近くの公園へ。タイヨウの下で
まるで自分の部屋のごとく、ゴロゴロする。すごく幸せ。
 前は「何もしないコト」を、まるで罪か何かのように勿体ないと思ってた。
いつだったか、どこでだったか「こんな何もしない時間があってもいーか」
って、ホントウに心から思えた瞬間、私は何かから解放された気がした。
その時から、すごく楽になった気がする。
 だから今日も、いい一日。いっぱい幸せを感じられた、いい一日。
 夜空にはオリオン座が見え始めてきた。
[PR]
by hirune-ya | 2006-10-30 21:24 | ひび | Comments(1)

水筒

c0092759_17565051.jpg
 んふ。ついに買っちゃったのだ。
ずぅ~っと迷いに迷ってて、『ホント
ウに要るの?』 『ビミョーに高いし
・・・』 『でも、これがあればお茶
買わなくていいし・・・』 ナドナド、
思いは行ったりきたり。1~2ヶ月
考えた末、某メーカーの350ml
入る水筒を購入(他メーカーは
made in CHINA でココのもの
だけがTHAILAND製だったから。私はひとり反CHINA運動実施中なのさ)。
  旅をしてる時は、メシ代切り詰めるために、お弁当作って水分はペットボトルに
入れて・・・っていう手間が楽しかったりもしたのに、ニッポンで日常を送っていると
何故だか、そういったことをやる気がなくなる不思議さ。面倒なのとは違う、何か。
溢れる便利(convenience)が原因なのか、それとも他の何か(やっぱり面倒
なのかなぁ?)・・・なのか。よくわからないや(言葉がみつからない)。
  ともあれ最近出掛けるときは、この水筒にお茶やコーヒーを入れて持っていく。
準備を面倒と思うことはやっぱり、ある。でも、バッグを覗いたときに水筒が入って
いるのを見たらやっぱり、ウレシイ。これからの季節、あったかい飲みものが常に
あるって嬉しい。なんだか、いつもピクニック気分です。
[PR]
by hirune-ya | 2006-10-29 18:32 | Comments(2)

かわいい人。

 先日、小布施へ行った帰り道、一緒に行った友人がどうしても行きたいと言った
飯山市(長野県)にある蕎麦屋さんへ立ち寄りました。某旅雑誌で緒方拳が取材に
きていたらしく、壁には彼はじめ、いろんな方のサインが。お蕎麦も私たちが行った
前日から新蕎麦とのことで、とてもおいしくいただいてきました。私は蕎麦湯が苦手
なのですが、そこの蕎麦湯はおいしかった!!
 そこで出会ったのが『おばちゃん』。この方が、スゲーかわいい。そして、とっても
あったかい。幼少の頃から、いろいろと苦労なさったらしいのだけど、口から出る
言葉は 「親が丈夫に生んでくれたお蔭でがんばってこれた。ありがたい。
感謝している。 今がとっても幸せ。 今日もこうして、あんた達に会えたし。
生まれてきてよかったぁ~」、と聞いていて、心がほっこりするような言葉ばかり。
思わず泣きそうになりました。
   「こっちこそ、おばちゃん居てくれてありがとう」
   きっと、この人はず~っと変わらないで居てくれる。
   そんな思いと願いが、きっと誰かの支えになっている。
   たぶん、きっと。
c0092759_21574723.jpg

   *写真を撮ろうとしたら、おばちゃん隠れるの巻。かわいい*
[PR]
by hirune-ya | 2006-10-25 22:21 | Comments(3)

バックパック

c0092759_2036484.jpg
 自分の足で歩いて旅をするように
なってからは、旅はいつもバック
パック。60リットル入って、サブ
バックを含めると75リットルくらい。
ぱんぱんになるまで詰め込んで
しまうと、あっという間に
20~30kgになってしまう。
 旅の荷物は軽くてコンパクトが
基本だけれど、私の場合、『特別
(いや全く)必要ではないもの』が占める割合がめっちゃ大きい。旅先でうっかり
購入した象の置物だったり、楽器だったり、酒だったり・・・。すべてが重いもの
ばかりやん・・・。重いバックパック背負って、宿を探し町を彷徨いながら、どんどん
汗だくになってく自分を、毎回反省しつつ。荷物を背中から降ろしたときの開放感が
たまらなく幸せ。そんなバックパックは旅の間、私の分身みたいなモノなのです。

ちなみに、コレは便利!旅グッズは・・
[PR]
by hirune-ya | 2006-10-24 21:11 | Comments(1)

道具のハナシ

c0092759_22121990.jpg
 最近の私の掃除はコレ、はたき・ほうき・雑巾。前々から、掃除機のおしりから出てくるぐあーっていう空気が苦手だったのもあって、変えてみました。 一言で言って、良いです。掃除機と違って、いつでも気づいたときにささっと掃除ができる(掃除機だと音が気になるから、アパート暮らしの私としては掃除できる時間が限られている。特に私は思いついた時にやるタイプなので・・)。本気で気合入れての掃除もできる。掃除機では気づかなかった埃の山。ほうきで掃いて、雑巾がけし終えた時のスッキリ感とちょっとした疲れ。たまりませんぜ。
 きれいになった部屋でゴロゴロするのがまた、たまらなくいい。
 良い運はキレイなところに来るらしいし・・・。
 ・・って、それってきっと、掃除するくらいの気持ちの余裕がある人は、
いろんなコトに幸せを感じられるってコトなのかなぁ?
[PR]
by hirune-ya | 2006-10-19 22:34 | Comments(6)

小布施

 先日、友人と長野県の小布施と云う町へ行ってきました。
 この町は栗が有名で、栗の季節になると小さな町が大勢の観光客で賑わいます。
小布施に初めて行ったのが3年前。『バカでかいモンブランがあるらしい』と聞いて
出掛けたのですが、限定品だったらしく、結局食べることができないまま、栗おこわ
だけ食べて帰りました。そして2年前。この季節に山小屋生活を終えた私は迷わず
小布施へ。限定品のモンブラン『朱雀』を口にしたのでした☆聞けばこの限定品、
平日の午前のみ、当日の朝に良い栗が取れた時のみ、2週間程度のみ、数量限定
・・・とかなりのレアものだったらしく・・。見た目がまずスゴイ。大きさは勿論、栗餡の
まわりにかけられた素麺状に裏ごしされた栗の細さがまたスゴイ。味の方は、
栗そのまま本来の味が楽しめます。(今年は友人の注文した朱雀をつまみ食い。)
 栗も良いのですが、小布施の町の雰囲気が私は大好きで、歩ける広さの町の
至るところに小さなギャラリーがあったり、オープンガーデン(見てもらうために
一般家庭の庭を開放すること)があったり、酒蔵を改装した呑みやがあったり。
町の人が自分たちの町をとっても愛していて、そんな気持ちがひしひしと伝わって
きて、すごく気持ちがいい町です。(そんな意味では草津温泉もすごく好き。)
 
c0092759_2150446.jpg

 写真は『朱雀』にのけぞるべあぞーです。
[PR]
by hirune-ya | 2006-10-17 22:16 | Comments(7)

NON TITLE

 ラオスのだーりんと2年ぶりに会った。

今回は全くのワタクシゴトなので、読みたい方はどうぞ。
[PR]
by hirune-ya | 2006-10-15 00:24 | Comments(9)

日々、旅。

  昨日、観たい映画があって久しぶりに金沢へc0092759_205593.jpg
行ってきました。いつもは車で行くのですが
今回はバスを利用してのんびり旅気分。
以前、偶然見つけた古本&CAFEのお店へ。
すごく素敵なパパさんママさんがやっている
お店で、私にとってはすごぉく居心地が良い
場所。珈琲も私のお気に入りの珈琲豆やさん
のものを使っていて (今は豆を焙煎している
方が出産・育児休業のため、豆の在庫が無く
なってた。。残念。。)滅多に行かない金沢での
私の唯一の行きつけ(!?)。 きっと、お店って
場所じゃなくって、人に惹きつけられて行くん
だろうなぁ、と思う。
 私もいつか、誰かにとって居心地の良い
場所を作りたい。それが『ひるねや』っていうカタチになったらいいな、と日々企んで
います。
 
 映画が終わって、外に出ると夕焼け空。
 そういえば、最近空を見上げてなかったかも。
 久しぶりにのんびり空を見続けました。 

                  旅先で誰かを想うときは空を見てた。
                  何かを思うときも、空を見てた。
                  そして、なんにも考えたくないときも、空を見てた。
                  いつも空を見てた。
                  空を見上げると、今も旅の途中なんだと思う。  
[PR]
by hirune-ya | 2006-10-10 21:34 | Comments(5)

べあぞー

c0092759_20413244.jpg
知る人ぞ知る。知らない人は、全く知らない。
私の旅のパートナー・べあぞーです。
一人旅の私のために、ひたすらハナシを
聞いてくれたり、写真の被写体になって
くれたり・・。なんだかんだと、べあぞーとは
6年のお付き合い、そして10カ国を共に
旅しています(時々お留守番だけど)。

当初は、当時生まれてくる甥っ子のために
作っていたのが、愛着が湧いてしまい私の
モノに・・。一度、頭が取れた以外、元気です☆

 さて、次はドコ行こう?
[PR]
by hirune-ya | 2006-10-06 20:53 | Comments(7)